平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「花火」

 歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

 8月のテーマは「花火」。夜空を色鮮やかに彩る夏の風物詩。伝統の技が引き継がれた意匠は、どんなに暗い時代でも人々の笑顔を輝かせてきました。けれどその灯火は美しさと共に、瞬間で消えてしまう儚さも併せ持っています。そして短く終わってしまう夏の切なさも織り交ぜた12首をお届けしていきます。
 第3週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第4週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • 花火から目を離せないふりをした見つめ合わないことの言い訳
  • だんだんと二人の距離を詰めるため轟き昇れ打上花火
  • 金魚すら上手にすくえないくせに君を手に入れようとしている

 焼きそばやたこ焼き、射的やキャラクターのお面、綿菓子にりんご飴。花火大会やお祭りの屋台は、どれも魅力的でつい足を止めてしまいますね。1首目で取り上げたのは、金魚すくい。都会のお祭りではなかなか見掛けなくなりましたが、色鮮やかな金魚の泳ぐ姿を見ているのが幼い頃から大好きでした。僕の記憶が正しければ、実はこれまで一度も金魚すくいに成功したことが無いのです…。どうしたら上手くできるのでしょうか(笑)。
 2首目では、いよいよ最初の花火が盛大に打ち上がります。冒頭の「だんだんと」は、二人の距離が次第に縮まるという意味と共に、打ち上げ花火の音も表しています。皆さん気が付きましたか?
 花火の打ち上げがスタートすると、群衆の誰もが夜空からしばらく目を離せなくなります。本当は隣にいる好きな子と目を合わせたいのに勇気が出ない、3首目ではそんな恋のもどかしさを詠いました。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。 セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

http://suzukakeshin.com/