平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「苔」

 歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

 9月のテーマは「苔」。太古の昔からこの星に存在し、生命の起源としての姿を今に残すコケ。草花とは異なる独自の生態系を築いた神秘的な風情は、庭園や盆栽など、我々日本人の文化と密接な関わりを持ち、国歌『君が代』にも登場しています。今月は『君が代』の現代語訳を含む12首をお届けしていきます。
 第3週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第4週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • いつまでも立ち止まってはいられない転がる石に苔は生えない
  • 悲しみと共に流れて揮発した涙を吸って育つ苔玉
  • 誰ひとり気にも留めない足元で静かに延びる命の軌跡

 コケは、樹木や草花のような根を持ちません。そのため強い雨風に晒されれば、風に飛ばされてしまったり水に流されてしまうのですが、ちぎれた枝や葉から新しい身体を生成することができる品種もあるんだとか! そして、コケは土壌に含まれる養分を必要とせず、光と空気中の水分で成長します。1首目と2首目ではそんな恐るべき生態系、驚異的な生命力を詠いました。
 コケを含んだことわざに「転がる石に苔は生えぬ」があります。活発に動いている人は生き生きとして健康であるということと、家や仕事が定まらない人は成功できないということも表します。3首目はその両方の意味を踏まえながら、皆さんへの日々のエールとなるように詠いました。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。 セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

http://suzukakeshin.com/