平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「花」

歌人の鈴掛真です。「贅沢短歌」では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、毎月異なるテーマで毎週ご紹介していきます。
7月のテーマは「花」。花束のようにハッピーで、そしてちょっぴりせつない歌を集めました。
第4週目にはWEBラジオも配信予定!どうぞお楽しみに。

  • 春を待つシロツメクサのようにこの想いが咲くのを待っていたくて
  • 僕たちが並び歩いた道に咲く花を集めて図鑑にしよう
  • まだ恋になるまえぶれの戸惑いを君ならどんな花に例える?

「字余り」という言葉を皆さんも聞いたことがあると思います。短歌は必ずしも「5・7・5・7・7」になっていなくてもいいんです。はみ出しちゃったり足らなくなったり、「字余り」「字足らず」大歓迎!ただし、せっかくなので「美しい字余り」「美しい字足らず」を意識してみましょう。ひとつひとつの音に意味を持たせることが、短歌を詠う上でとっても大切なのです。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版)がある。また、日本における同性愛への偏見の解消にも取り組んでいる。

http://ameblo.jp/suzukakeshin/